スポーツ歯科

 近年、良く咬むことで脳血流が良くなったり、かみ合わせが安定することで体のバランスが改善したり、咬みしめが全身の筋収縮への影響があることなど報告され、咬みあわせとスポーツ・パフォーマンス向上に関心が寄せられ、『スポーツ歯科』が注目されてきています。
 
西別府病院スポーツ医学センター『スポーツ歯科』は、 
歯に関連するケガの防止②歯と口の健康づくり ③運動能力向上(研究) 
を目標として、スポーツをするすべての人が、ゲームにおいて自分の能力を存分に発揮しできるように、『スポーツマウスガードの製作』と『アスリート歯科検診』を行っています。
 検診後、丁寧な結果説明と『健口アドバイス』を行います。
 スポーツ外傷予防のために、歯型をとって、咬み合わせや歯並びを検討し、競技種目やその方に合ったマウスガードを作ります。

※睡眠時無呼吸用の口腔装具

また、いびき外来と連携して、口腔装具作製を行っています。
特に口腔装具は、ひどいいびきの軽減や、睡眠時無呼吸症候群の軽度から中等度の方に効果があります。また、歯科衛生士によるストレッチ体操の指導や口腔機能訓練も行っています。
マウスガード

 

マウスガード

 


 チーム・団体への出張検診、無料出前講座も行っています。ご希望の方は、下記よりお問い合わせください。