リハビリテーション科

■リハビリテーション科の理念

 私たちは、患者様の立場に立ち、QOLの向上を目指した、最良のリハビリテーションを提供します。 

■リハビリテーション科基本方針

  1. 政策医療の神経・筋疾患、重症心身障害児・者、呼吸器疾患を柱に、地域に根ざした特色あるリハビリテーションを目指します。
  2. 他の医療スタッフとの連携を図り、質の高い適切な理学療法・作業療法・言語療法の実施を目指します。
  3. 質の高い技術を提供するため、技術の向上・研鑽に努めます。

■リハビリテーションって…?

リハビリテーションの中で主に運動機能の回復を目標としてアプローチしていくのが理学療法であり、医師の指示のもとでこれを実施するのが理学療法士です。
具体的には普段の生活で行っている、寝返る・起き上がる・座る・立ち上がる・立つ・歩く…といった基本的な動作(これを基本動作と言います)の回復を主に担当し、一般的にイメージされるような関節の曲げ伸ばしを行ったり、筋力を鍛えたり、行いにくい動作を繰り返し練習したり、体力をつけたりする運動療法と、電気をかけたり温めたりする物理療法があります。

当院では主に重症心身障害児(者)や筋ジストロフィー、神経難病などの長期療養をされている方に対して、関節の動きや筋力、実際の動作能力など、体の動きの維持・改善、車椅子作製の援助、安楽な姿勢づくり(ポジショニング)などに取り組んでいます。
その他、以下のような特色あるリハビリテーションを提供しています。

○理学療法って…?

リハビリテーションの中で主に運動機能の回復を目標としてアプローチしていくのが理学療法であり、医師の指示のもとでこれを実施するのが理学療法士です。

具体的には、普段の生活で行っている寝返り・起き上がり・座る・立ち上がる・立つ・歩く…といった基本的な動作(これを基本動作と言います)の回復を主に担当し、一般的にイメージされるような関節の曲げ伸ばしを行ったり、筋力を鍛えたり、行いにくい動作を繰り返し練習したり、体力をつけたりする運動療法と、電気をかけたり温めたりする物理療法があります。
 

当院では主に重症心身障害児(者)や筋ジストロフィー、神経難病などの長期療養をされている方に対して、関節の動きや筋力、実際の動作能力など、体の動きの維持・改善、車椅子作製の援助、安楽な姿勢づくり(ポジショニング)などに取り組んでいます。

その他、以下のような特色あるリハビリテーションの提供に努めています。

<当院の理学療法の特色>

■スポーツ医学センター

スポーツリハビリテーションとして、スポーツによるけがに対して基礎的なストレッチや筋力トレーニング、アイシングやテーピングを、指導も含めて行っています。

■心臓リハビリテーション

心筋梗塞や狭心症、慢性心不全、バイパス術や開腹術後などの方に対して、動作能力の向上、運動耐久性の向上をめざして運動療法を行うほか、再発予防に対する教育的観点から心リハ教室を開催し、運動や生活についての講義を行っています。

■呼吸器リハビリテーション

慢性呼吸器不全のような呼吸器に障害を持っておられる方や、筋ジストロフィー、神経難病の方で呼吸障害をもっておられる方などを対象に、呼吸困難などの症状が軽減できるように呼吸パターンの指導、呼吸訓練などを行っています。

 

呼吸器リハビリテーションのページへ >>

■在宅訪問リハビリテーション

神経難病や重症心身障害児(者)、筋ジストロフィーなどのご病気でご自宅にて療養され、通院してリハビリを受けることが困難な方に対し、直接ご自宅に訪問してリハビリ指導を行っています(週1回程度)。

■その他

リンパ浮腫や肥満症患者への運動療法・指導、運動発達外来、重症心身障害児(者)デイケア利用者へのリハビリテーション

○作業療法って…?

作業療法とは、身体や精神に障害のある方に対して、その人らしい生活の獲得を目指すために、作業活動を用いて治療、指導および援助を行うものです。

当院では、筋ジストロフィー、神経難病、重症心身障害児(者)の方々を中心に作業療法を提供しています。日常生活動作(食事動作、整容動作、更衣動作など)の練習やクッションなどを用いた姿勢調整、自助具の工夫などを行います。ことばでのコミュニケーションを取ることが難しくなられた方々に対して、コミュニケーション機器や入力スイッチの検討とその練習を行います。また、関節の可動域や筋力の維持・向上を図るため、その方の興味のある作業活動などを選択し、楽しみながら練習が継続できるように心がけています。その他、整形運動器疾患、リンパ浮腫疾患の方々にも作業療法を提供しています。

○言語療法って…?

言語聴覚士とは、コミュニケーションや食べる事に障害を持つ方(大人から子どもまで)に対して、ことば・聞こえ・食べる機能の獲得・維持を支援し生活の質(QOL)を高めるリハビリや療育を行う療法士です。 当院では、現在2名の言語聴覚士が勤務しており、患者様の状態に応じて、リハビリ棟の訓練室や患者様のベッドサイドにて実施しています。

<食べる事への援助>

・食べることへの準備として、口の中の環境を整える口腔ケア
・頬や舌等の運動を行う口腔リハビリ
・食べる事やお話しする事に重要な、首・肩・顔面の運動、リラクゼーション
・直接食べ物等を使っての飲み込みの練習
・食事を取られている方へ、安全で安楽に食べて頂けるよう、食事の形態や食材、姿勢や食器等の検討・ 調整(環境の調整)や介助方法の助言・伝達

<コミュニケーションへの援助>

・コミュニケーションに障害を持つ方へコミュニケーション練習や手段の検討・調整(一部です)

※リハビリ内容は医師の指示のもと、検査・評価しその方の状態や目標に応じて組み合わせています。

アクセスマップ

〒874-0840 大分県別府市大字鶴見4548番地 TEL:0977-24-1221 FAX:0977-26-1163

Copyright (C) 2016 Nishibeppu National Hospital. All Rights Reserved.