薬剤部

はじめに

薬剤部では医薬品の適正使用の推進並びに医薬品に関連した医療事故防止を図ることで医療安全を確保しつつ適正な薬物療法の提供に努めています。

■主な業務

・調剤業務

病院情報システム(電子カルテ、処方オーダリングシステム等)が稼働しており、薬剤部門システムと散薬秤量監査システム・自動散薬分包機、自動錠剤分包機とを連動させることでヒューマンエラーに基づく調剤過誤を極力減らすよう努めています。

・がん化学療法サポート業務

抗がん剤の投与前に投与間隔等のスケジュール確認や投与量を確認した後、薬剤部に設置されている安全キャビネット内で無菌調製しています。

当院で実施される抗がん剤治療のレジメン(投与する医薬品の種類、投与量、期間、手順等を示した計画書)は「がん化学療法委員会」で審議し承認されたものを使用しています。薬剤部は同委員会に参画し、投与方法、配合変化等に関する情報を収集、伝達することでエビデンスに基づいた抗がん剤治療に貢献しています。

・薬剤管理指導業務

医師の治療方針に沿った薬物療法を入院患者様が安心して受けられるよう薬剤師が医薬品の用法・用量、効能・効果、副作用等について説明するとともにアレルギー歴や副作用歴を入院患者様よりお聞きすることで医薬品の選択等に役立てます。

・医薬品管理業務

当院で使用する医薬品の使用期限を毎月チェックするとともに、医薬品を保管するのに適切な温度、湿度を保つことで品質保全に努めています。

薬事委員会の事務局として委員会で審議し決定した事項(医薬品の採用、削除等)に基づき適正な在庫となるよう管理しています。

・製剤業務

治療上必要でありながら市販されていない特殊製剤を院内で調製します。必要に応じ倫理審査委員会に諮り、承認が得られた品目を調製しています。

・治験業務

 薬剤部内に治験事務局を設置しています。治験薬の保管、管理も行っており、SMO(治験施設支援機関)と協働し、円滑な業務遂行を心がけています。

チーム医療

 

・栄養サポートチーム(NST)

入院患者様の栄養を管理するチームの一員として週1回院内ラウンドに参加し、経腸栄養剤、注射薬等医薬品の選定や処方設計に関与することで栄養状態の改善に努めています。

 

・院内感染対策チーム(ICT)

週1回の環境ラウンドにおいて、消毒薬の適正使用に努めています。

 

・抗菌薬適正使用支援チーム(AST)

当院のASTでは、週に1回、抗MRSA薬及びカルバペネム系抗菌薬を中心に適正使用の是非について検討しています。その中で薬剤師は、検討患者の資料作成・院内指定抗菌薬使用届の管理・注射用抗菌薬使用量の分析・抗菌薬のTDMに従事しています。

 

 

・結核治療

主に入院患者様に対して、投与薬剤の説明のみならず、副作用の早期発見に努めています。また、結核患者支援検討会に参加し、地域の保健所との情報共有に努めています。

 

 

・業績集

2016年度

 学会発表

 

(1) 小坂隆介, 橋本雅司, 片山陽介, 有川仁. 当院における消毒薬適正使用への取り組み. 第26回日本医療薬学会年回. 2016年9月17~19日, 国立京都国際会館
 
(2) 吉田翔平, 唐原和秀, 島﨑里恵, 佐古田利文, 財前玲子, 長悦之, 有川仁. 当院における血液疾患患者、呼吸器疾患患者へのNST介入効果の検討. 第70回国立病院総合医学会. 2016年11月11~12日, 沖縄コンベンションセンター
 
(3) 片山陽介, 寺尾岳, 亀井公恵, 秦野浩司, 河野健太郎, 牧野麻友, 溝上義則, 児玉健介, 伊東弘樹. 気分障害におけるラモトリギン有効血中濃度域. 第26回日本臨床精神神経薬理学会. 2016年11月17~18日, ホルトホール大分
アクセスマップ

〒874-0840 大分県別府市大字鶴見4548番地 TEL:0977-24-1221 FAX:0977-26-1163

Copyright (C) 2016 Nishibeppu National Hospital. All Rights Reserved.