研究検査科 -一般検査-

研究検査科の詳細メニューです。下のボタンをクリックすると項目にジャンプします。

■研究検査科について

検査科は、検査科長1名(医師)と臨床検査技師7名のスタッフで構成され、 そのうち認定輸血検査技師1名、認定血液検査技師1名、認定骨髄検査技師1名、認定一般検査技師1名、認定心電検査技師1名、超音波検査士(心臓、消化器)1名、日本糖尿病療養指導士1名、緊急検査士1名、二級臨床検査士(微生物)1名がいます。
 
検査科の業務は、血液、尿、喀痰などを用いて検査を行う検体検査部門と心電図検査・肺機能検査・超音波検査のような生体検査部門とに分けられます。
ここで検査科の主な業務内容をご案内します。

■一般検査について

尿、便、胸水、腹水、髄液、関節液などを検体として検査を行います。

尿

尿定性検査 尿中の成分を化学的に測定し腎炎、糖尿病などの情報を報告します。 (PH、比重、蛋白、糖、白血球、潜血、ケトン体、ビリルビン、ウロビリノーゲン)
尿沈渣 尿中の細胞や白血球、赤血球、細菌などを観察し感染症、腎炎、ネフローゼなどの疾患を検査します。
便検査 便潜血検査 糞便中の血液の有無により、消化管の出血(癌、潰瘍など)の有無を検査します。
寄生虫検査 顕微鏡にて便中の虫卵、虫体の有無を検査します。
胸水・腹水検査 胸水・腹水中の蛋白、糖、細胞成分、細胞数などを測定し貯留の原因を調べます。
髄液検査 髄液中の蛋白、糖、細胞成分、細胞数、細菌の有無などを検査し、発熱・頭痛・嘔吐を三大症状とする髄膜炎、 脳炎をはじめ、くも膜下出血、脳腫瘍の診断の補助として検査します。
関節液検査 関節液中の結晶(尿酸、ピロリン酸)や細菌の有無などを検査します。

 

アクセスマップ

〒874-0840 大分県別府市大字鶴見4548番地 TEL:0977-24-1221 FAX:0977-26-1163

Copyright (C) 2016 Nishibeppu National Hospital. All Rights Reserved.