放射線科

MRI装置が新しくなりました。

H28年2月から当院のMRI装置が更新され、磁場強度が今までの1.0T(テスラ)からPHILIPS  Ingenia1.5T(テスラ)になりました。また、造影剤を使わずに非浸襲的に血管を描出するMRアンギオ(MRA)も頭部領域の他、頚部や胸部、腹部の大血管、下肢の血管も造影剤を使わずにきれいな画像が得られるようになりました。

さらに、胆のう、胆管、膵管を描出するMRCPや尿路系を描出するMRUなども比較的きれいに描出する事が出来るようになりました。

当院のMRI装置はPHILIPSの最新型装置で、デジタルコイルを使用しており、画像信号の劣化も少なく、撮れた画像がそのまま表示されるため、当院、前機種に比べ鮮明な画像が得られます。また、口径も広くなり、音も静音処理がなされており、被検者の精神的な負担の軽減についても配慮されています。

是非当院のMRI装置のご利用を検討して頂くようにお願い致します。

西別府病院


■放射線科の機器を紹介します。

16列マルチスライスCT装置 

16列マルチスライスCT装置 

1.5T  MR装置

1.5T  MR装置


放射線科の撮影室と保有装置は以下のとおりです。

第1室 透視室

【X線TV装置 1台】

第2室 第1一般撮影室

【X線撮影装置 1台、パントモ撮影装置 1台、FCR 5501Plus装置1台、FCR VELOCITY T装置1台】

第3室 第2一般撮影室

【X線撮影装置 1台、FCR VELOCITY U装置1台骨密度測定装置 1台】

第4室 MR

MR室【1.5T MR装置 1台】

第5室 CT室

【16列マルチスライスCT 1台】

その他、ポータブルX線撮影装置3台、外科用イメージャ1台、FCR 5000Plus装置1台、ドライイメジャー1台を所有しています。

■放射線科スタッフの紹介

放射線科は、放射線科医 1名、診療放射線技師3名で構成され、放射線科基本理念の3つを日々、実践しています。

  1. 最新、最良の医療・知識を習得し、診断画像の向上に努めます。
  2. 線量低減を行い、最適な診断画像を提供します。
  3. 患者様の人権を尊重し、安全で最良の医療を実践します。
アクセスマップ

〒874-0840 大分県別府市大字鶴見4548番地 TEL:0977-24-1221 FAX:0977-26-1163

Copyright (C) 2016 Nishibeppu National Hospital. All Rights Reserved.